重要なお知らせエリアを非表示

ノカタチ食堂・山形のハンバーク

僕はハンバーグ。 I am a hamburger.
コンセプトエリアを非表示

Nokatachi Kitichen 山形のハンバーク・ノカタチ食堂の3つノカタチ

  • 01

    ごはんノカタチ

    11:30-14:00
    「なぜ、ハンバーグなんですか?」とお客様に聞かれることがよくあります。
    正直、最初は自分自身でもよくわかりませんでした。ただ、子供から大人まで、家族が揃って同じ食べ物を食べる。ハンバーグはそんな風景を見せてくれる料理じゃないかな、と思います。
    箸を入れると、ふわっとほぐれて、お肉の味がしっかり感じられる。地元の方が作った旬の野菜は作る人に似て個性的。ごはんを口に運ぶと幸せな気持ちに。にこやかな子供の表情、テーブルを囲む家族の姿が見たい。
    そのための料理なのかな。
    ハンバーグは奥が深いんです。
  • 02

    おやつノカタチ

    14:00-17:00
    いつでもどこでも100円でコーヒーが買える時代にお店でコーヒーを淹れることってどんなことだろう。
    ふと、そんなことを考えてしまいます。
    ノカタチ食堂にいらっしゃる多くのお客様が求めていることは場所と時間だと思います。
    それは、建築を志していた僕にとってお店をつくる一つの理由でした。
    建物、内装、音楽、室温、匂い…。
    14:00からの「おやつノカタチ」では、料理だけでなく様々なことに気を配り、居心地の良い空間になるように努めます。
    もちろん、素敵なおやつと気持ちが落ち着くような飲物を準備して。
  • 03

    よるノカタチ

    18:00-22:00 ※完全予約制
    日が落ちて暗くなった商店街。
    ATERAに明かりが灯っていると、新しいことが始まりそうな期待に胸が溢れます。
    ノカタチ食堂のよるノカタチは年齢も性別も住所も立場も関係なく、様々な人たちの交歓の場であってほしいと思います。
    お酒を交えて、おしゃべりが弾んで、時には音楽や踊りがあって。
    そんな場にふさわしい料理を提供できるよう、日々新たなメニューを考えています。
    予約制になりますが、「こんな時間にしたい」となんなりとお申し付けください。
    楽しいお酒の席、ゆったりとした夜の食事、どちらもいいものですよね。

Concept

ノカタチ食堂の考え

大江町に引っ越し、小さな食堂をつくり、まちづくりに参加してATERAに「ノカタチ食堂」としてお店を構えることになって。果たして自分が地域にとってどのような存在になれるのか、と思い悩むこともありました。
ピックアップ2を非表示
ピックアップ3を非表示

Newsおしらせ